名誉理事長挨拶沿革香徳会の概要お問い合わせ

名誉理事長挨拶

地域医療ネットワークの一員として、患者さま中心の医療を行い、
地域から、愛され親しまれる医療法人をめざします。

今、医療界では、数回に及ぶ医療・保険制度、診療報酬、薬価基準等の改定を通し、地域医療ネットワークの構築をめざした医療構造の改変がなされています。こうした激動する医療界にあって、地域医療への貢献をめざす医療法人香徳会では、「患者さまを決して見捨てず、最後までお世話する」というポリシーを貫くために、地域医療ネットワークの一員としての体制づくりに、全力を注いでいます。まず第一に、法人の個々の病院、事業所において、それぞれの地域のネットワークで、自らの領域・分野を冷静に見極め、持てる能力を最大限に発揮すること。第二には、異なる領域・分野においては、地域の医療・福祉・保健機関と強力な連携体制を構築するというものです。その上で、時代がどんなに変わっても、少しでもゆきとどいた医療が提供できるよう努力してまいります。

これからの医療は、地域の医療・福祉・保健機関とともに歩むという共存共栄の精神がなければ、一人ひとりの患者さまに対して、真に必要な医療を提供することはできません。私たち医療法人香徳会は、患者さまからはもちろん、地域の医療・福祉・保健機関との相互理解による信頼関係をもとに、いつもともに未来を見つめる瞳を失わず、「愛され親しまれる医療法人」をめざしていきます。


名誉理事長 加藤迪彦

このページのトップに戻る